カラーリンスの意味

カラーリンス
 
<用語解説>
カラーリンスとは
リンスとして使用していくうちに色素が髪の表面に浸透し徐々に髪を染めていく染毛料のこと。
カラーコンディショナーやカラートリートメントとも言う。
もっと詳しい「カラーリンス」
ヘアカラーは化学反応によってメラニン色素を脱色し、酸化染料を毛髪内部から発色させます。
これにに対し、カラーリンスは髪の表面についた色素の一部がキューティクルのすきまから内側に浸透して徐々に色がついていきます。ヘアカラーのように一度で毛髪内部に染料が入ることはありませんし、メラニン色素の脱色効果はないため黒や濃い色の髪では発色せず、結果色の白い白髪だけが染まったようになります。

薬事法により、医薬部外品は「染毛剤」、化粧品は「染毛料」と区別され、カラーリンスは染毛料になります。このためカラーリンスのパッケージには「染毛剤ではありません」などと表示されていることがあります。
<ヘアケアの関連用語>
  • 酸性酸化染毛剤
  • 脱染剤
  • 酸性カラー
  • リンスインシャンプー
  • ヘアマスカラ
  • 一時染毛料
  • 白髪染め
  • 毛髪着色料
  • ヘアカラー
  • ヘアチョーク
  • くしどおり
  • パーマネントヘアカラー
  • 仕上がり
  • ドライシャンプー
  • トイレタリー
  • ヘアカラーリング剤
  • エクステ
  • シャンプー
  • メッシュ
  • うねり髪
  • 酸性ヘアカラー
  • セット力
  • 予洗い
  • 洗い流し
  • リンス一体型シャンプー
  • ヘアケア
  • ヘアスタイリング
  • 束感
  • スカルプケア
  • 酸化染毛剤
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(135) 皮膚のしくみ(95)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(111)
    組織・団体(26) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(208) 技術・処方(81)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(14)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(50) 調査(27)
    表示(75) 施策(3)
    マーケティング(25)

    製品カテゴリー

    スキンケア(110) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(52) UVケア(38)
    ボディケア(10) ヘアケア(55)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(20)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(75) 物流・流通(53)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(36) 販促(36)
    販売(75) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(37)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(90) パッケージ(34)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.