ビタミンCの意味

ビタミンC【ビタミンシー】
 
<用語解説>
ビタミンCとは
抗酸化やコラーゲン生成など様々な効果があり、特に誘導体になると美白用薬剤として代表的。白色の粉末。アスコルビン酸とも言う。
もっと詳しい「ビタミンC」
●美容成分として
ビタミンCは、皮膚の結合組織であるたんぱく質であるコラーゲン生成に関与したり、毛細血管を丈夫にして血行を促進したりするなど様々な美肌効果がありますが、人の体内では合成することができないため食べ物やスキンケア製品から取り入れる必要があります。特にその抗酸化作用によってメラニン生成の酸化プロセスを抑制することができるので美白化粧品の代表的な成分となっていますが、安全性は高いものの水や熱に弱いといった不安定要素が多い成分です。そこで単独で化粧品に配合するのは非常に難しいためビタミンCを安定させた誘導体という形で化粧品に配合します。ビタミンC誘導体には様々な種類があり、そのうちのいくつかが医薬部外品成分として認められた美白薬剤です。

●化粧品の酸化防止剤として
美白薬剤としてではなく、化粧品の酸化を防ぐ安定化剤としてよく使用される酸性の白い粉末です。この場合、配合のビタミンCを特記表示する場合には、消費者に美白効果があると誤認を与えないよう、「ビタミンC(製品の酸化防止剤)」といった配合目的を表示しなければなりません。他にも強調表示はしない、配合量表示はしない等のルールがあります。

●表示名称とINCI名
【表示名称】アスコルビン酸【INCI名】ASCORBIC ACID
<成分の関連用語>
  • エッセンシャルオイル
  • 紫外線防止剤
  • 表示名称
  • パラベン
  • バイオヒアルロン酸
  • 有色顔料
  • 全成分表示
  • カオリン
  • 紫外線吸収剤
  • 有機顔料
  • 美容成分
  • 紫外線散乱剤
  • 硬化ヒマシ油
  • 二酸化チタン
  • ホワイトニング成分
  • アニオン
  • 苛性ソーダ
  • トリメチルグリシン
  • 水溶性
  • 着香成分
  • 美白有効成分
  • オーガニック由来原料
  • 有効成分
  • 天然原料
  • グリセロール
  • 旧表示指定成分
  • 油性成分
  • ホホバ油
  • ジメチコン
  • 天然由来原料
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(145) 皮膚のしくみ(129)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(135)
    組織・団体(44) 資格(6)
    海外(35) 新語(8)

    原料・中身

    成分(227) 技術・処方(89)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(40) 剤型(16)
    評価・試験(60)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(97) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    洗浄料(3) スキンケア(122)
    ベースメイク(83) ポイントメイク(56)
    UVケア(38) ボディケア(10)
    ヘアケア(65) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(78) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(98)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(51)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
    印刷(8)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
    Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.