ビタミンC誘導体の意味

ビタミンC誘導体【ビタミンシーユウドウタイ】
 
<用語解説>
ビタミンC誘導体とは
ビタミンCをベースに作った化合物の総称のこと。
もっと詳しい「ビタミンC誘導体」
ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを化粧品に配合しやすいよう、かつ肌に浸透しやすいようビタミンCを改良したもので、メラニン還元を促すことで美白効果を発揮する美白薬剤です。

ビタミンCは大変安全ですが安定性に乏しいため化粧品への配合や肌への浸透が難しい成分です。そこでビタミンCにリン酸などを結合させることで安定化させたものがビタミンC誘導体で、肌に浸透するとリン酸などが酵素によって切り離され純粋なビタミンCが外れて出てきます。このように肌内部でビタミンC誘導体から純粋なビタミンCに転換して初めてビタミンCの働きをします。水溶性、油溶性、両性のタイプがあり、ビタミンCに何が組み合わせられているかでビタミンC誘導体の種類が変わり、APMやビタミンCエチル、持続型ビタミンCが有名です。いくつかのビタミンC誘導体が厚生労働省認可の医薬部外品有効成分として認可されています。
<成分の関連用語>
  • パール顔料
  • 天然由来成分
  • 硬化ヒマシ油
  • 着色顔料
  • BG
  • ジメチコン
  • 混合
  • FD&C
  • 色材
  • 水酸化Na
  • 染料
  • pH調整剤
  • 天然成分
  • パール剤
  • ニートソープ
  • 動物油
  • アルカリ性物質
  • アミノ酸
  • 常水
  • 馬油
  • 可塑剤
  • 脱色剤
  • マイクロプラスチックビ..
  • ビタミンC
  • オーガニック原料
  • ビタミンC誘導体
  • グリッター
  • バイオヒアルロン酸
  • タール色素
  • 天然色素
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(145) 環境(14)
    皮膚のしくみ(129) 毛髪のしくみ(27)
    爪のしくみ(17) 部位の名称(38)
    法律・基準(142) 組織・団体(50)
    資格(6) 海外(40)
    新語(17)

    原料・中身

    成分(237) 技術・処方(91)
    機能・効果(50) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(16)
    評価・試験(60)

    マーケティング

    企画開発(56) 調査(39)
    表示(101) 施策(3)
    マーケティング(50)

    製品カテゴリー

    洗浄料(4) スキンケア(126)
    ベースメイク(89) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(10)
    ヘアケア(66) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(82) 物流・流通(65)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(91) 店舗・売り場(107)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(113) パッケージ(59)
    その他(25)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(40) 広報・PR(23)
    印刷(15)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
    Copyright(C) 2022 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.