基本成分の意味

基本成分【キホンセイブン】
 
<用語解説>
基本成分とは
基本成分とは、その化粧品の形状を構成するのに欠かせない成分のこと。液状、乳液状、クリーム状、固形練り状ジェル状など、その製品の骨格となる基本的な形状を意図するとおりにつくりあげる成分である。
ベース成分や基剤ともいう。
基本成分について
基本成分とは、液状、クリーム状といった剤型を構成するための成分で、その化粧品の骨格やベース、土台などとも例えられます。主には油性成分水溶性成分粉末成分界面活性剤が基本成分となり、製品の特長によって組み合わせて意図する形状をつくり出します。

例えば、クリームの場合、油性成分と水溶性成分、界面活性剤を基本成分とし、これらによって乳化したもがそのクリームの骨格です。この骨格に、その製品ならではの機能を付与するために薬剤美容成分である機能性成分を加えたり、製品の特長や化粧品らしさをより高めるために香料や着色成分を加えたり、製品の品質を守り性質を安定的に維持するために防腐剤や酸化防止剤などの補助成分を加えたりします。
<成分の関連用語>
  • 植物性香料
  • 体質顔料
  • 安定型ビタミンC誘導体
  • pH調整剤
  • オーガニック原料
  • カミツレエキス
  • アンホ界面活性剤
  • 添加
  • 紫外線散乱剤
  • 苛性ソーダ
  • 有機顔料
  • ビタミンC
  • 硬化ヒマシ油
  • 粉状
  • タルク
  • DPG
  • 常水
  • 鉱物油
  • 油剤
  • ATP
  • コラーゲン
  • 表示指定成分
  • 水性成分
  • ベタイン
  • ジメチコン
  • 補助成分
  • 白色顔料
  • カチオン
  • グリセロール
  • グリッター
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(145) 環境(14)
    皮膚のしくみ(129) 毛髪のしくみ(27)
    爪のしくみ(17) 部位の名称(38)
    法律・基準(142) 組織・団体(50)
    資格(6) 海外(40)
    新語(17)

    原料・中身

    成分(237) 技術・処方(91)
    機能・効果(50) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(16)
    評価・試験(60)

    マーケティング

    企画開発(56) 調査(39)
    表示(101) 施策(3)
    マーケティング(50)

    製品カテゴリー

    洗浄料(4) スキンケア(126)
    ベースメイク(89) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(10)
    ヘアケア(66) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(82) 物流・流通(65)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(91) 店舗・売り場(107)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(113) パッケージ(59)
    その他(25)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(40) 広報・PR(23)
    印刷(15)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
    Copyright(C) 2022 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.