転相の意味

転相【テンソウ】
 
<用語解説>
転相とは
転相とは、化粧品の使用中にその乳化形式がW/OからO/Wへ、あるいはO/WからW/Oへと逆転する現象のこと。
転相について
乳化の形式は固定したものではなく、温度や物理的な力(塗布したりマッサージしたりする時の力など)によって、乳化の状態が崩れたり、形式が変化したりします。例えば、O/W型のクレンジングクリームは、塗布した時はみずみずしく軽く伸び、メイクや汚れとなじませるためマッサージしているうちに伸びが重くなりますが、また指がふわっと肌から浮き上がるように軽くなる瞬間があります。その瞬間が転相で、クレンジングクリームがオイル状(W/O型)に変化した瞬間です。

「指が軽くなったらメイクが落ちたサイン」というキャッチコピーはこの転相がポイントです。そして洗い流す時には、オイル状のベースに水が加わり乳化するため白濁し(O/W型)、これによって肌に油分を残さず洗い流しやすくなります。
<技術・処方の関連用語>
  • 可溶化
  • 板状粉体
  • 親油性
  • 香料フリー
  • 基剤
  • ポジティブリスト
  • 増粘調整剤
  • 有効成分
  • 調香師
  • オイルコントロール
  • O/W
  • エキス
  • フォーミュラ
  • 無香性
  • プロペラント
  • 薬剤
  • 泡立ち
  • 抱水性
  • カラークリエーション
  • カラクリ
  • 製剤
  • 油性成分
  • 剤型
  • バイオテクノロジー
  • ロングラスティング
  • パヒューマー
  • 水添
  • 無着色
  • オイルインウオーター
  • 混合
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(146) 環境(14)
    皮膚のしくみ(129) 毛髪のしくみ(27)
    爪のしくみ(17) 部位の名称(38)
    法律・基準(142) 組織・団体(50)
    資格(6) 海外(40)
    新語(19)

    原料・中身

    成分(239) 技術・処方(91)
    機能・効果(50) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(16)
    評価・試験(61)

    マーケティング

    企画開発(59) 調査(40)
    表示(101) 施策(3)
    マーケティング(53)

    製品カテゴリー

    洗浄料(4) スキンケア(126)
    ベースメイク(89) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(10)
    ヘアケア(66) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(80) 物流・流通(66)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(91) 店舗・売り場(108)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(113) パッケージ(59)
    その他(25)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(41) 広報・PR(23)
    印刷(16)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  プライバシーポリシー  |  ガイドライン・事例早引き
    Copyright(C) 2024 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.