真皮の意味

真皮【シンピ、dermis】
 
<用語解説>
真皮とは
表皮の下にあり、皮膚のはりや弾力を維持している約1.8mmの層のこと。
真皮層とも言う。
もっと詳しい真皮
真皮は表皮の数倍から数十倍の厚い層で、上層部を乳頭層、下層部を網状層といい、その境目ははっきりしていません。

真皮の約70%がコラーゲン線維を占め、コラーゲン線維を結合しているのがエラスチン線維で、これら線維の隙間を埋めるように存在する部分を基質と言います。美しく健やかな肌のためには、コラーゲン線維と弾力線維の配列が良好であること、これらの線維の間が水分たっぷりの基質で満たされていること、乳頭層の波形がが保たれていることが大切です。真皮は特にアンチエイジングのスキンケアを考える上で大変重要な役割を担っています。
<皮膚のしくみの関連用語>
  • 情報伝達物質
  • スキンタイプ
  • 皮下組織
  • 弾力線維
  • メラニン合成
  • 即時黒化
  • 乳頭層
  • 慢性微弱炎症
  • ターンオーバー
  • 表皮幹細胞
  • 細胞間脂質
  • 持続型即時黒化
  • 毛球
  • ターンノーバ
  • アクネ菌
  • 古い角質
  • 天然保湿因子
  • 表皮
  • チロシン
  • スキンフォトタイプ
  • IPD
  • 角層
  • メラニン排出
  • Tゾーン
  • 色素細胞
  • 基質
  • 即時型黒化
  • 皮丘
  • 毛穴
  • セラミド
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(137) 皮膚のしくみ(107)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(121)
    組織・団体(27) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(219) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(52) 調査(27)
    表示(83) 施策(3)
    マーケティング(26)

    製品カテゴリー

    スキンケア(116) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(38)
    ボディケア(10) ヘアケア(56)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(20)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(74) 物流・流通(58)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(80) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(47)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(29)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(90) パッケージ(34)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.