処方の意味

処方【ショホウ、formula】
 
<用語解説>
処方とは
化粧品に配合する成分の組合せのこと。
もっと詳しい化粧品の「処方」
化粧品それぞれの剤形や機能を実現するために様々な成分を組合わせて配合します。一般的に処方というのは配合する成分の組合せのことを指します。

処方は非常にキメ細かく決められています。成分の配合量や配合順序などによって全く違う化粧品が出来上がるので、全成分表示を見たところで全く同じ化粧品を作ることはできません。

また、水と油をはじめ全成分を完全に混ぜ合わせることや、細かくカプセル化した美容液など特長ある剤型に仕上げることは、処方通りに成分を入れるだけではできません。そこで乳化可溶化などの技術が用いられるのですが、乳化や可溶化などは処方ではなく製造の技術です。
<技術・処方の関連用語>
  • ロングラスティング
  • 無着色
  • フォーミュラ
  • オイルコントロール
  • ウオータープルーフ
  • 非親水性
  • 粉末成分
  • ノンパフューム
  • エマルジョン
  • 無香料
  • バイオテクノロジー
  • カラクリ
  • 弱賦香
  • 微賦香
  • W/O
  • 板状粉体
  • 誘導体
  • ネガティブリスト
  • 油性成分
  • セカンドスキン
  • 乳剤
  • 調香師
  • ゲル化
  • 処方
  • 水溶性成分
  • 転相
  • マスキング賦香
  • バルク
  • 溶媒
  • マイクロニードル
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(145) 皮膚のしくみ(127)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(134)
    組織・団体(39) 資格(6)
    海外(33) 新語(8)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(39) 剤型(16)
    評価・試験(59)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(92) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    スキンケア(124) ベースメイク(83)
    ポイントメイク(56) UVケア(38)
    ボディケア(10) ヘアケア(65)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    雑貨(21) 健康食品(22)
    その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(76) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(95)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(2) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(49)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.