無機顔料の意味

無機顔料【ムキガンリョウ】
 
<用語解説>
無機顔料とは
鉱物や土、合成の金属化合物など無機物質から作られる顔料のこと。鉱物性顔料とも呼ばれる。
もっと詳しい「無機顔料」
無機顔料は古代から使われてきた色材で、酸化鉄を主成分とする赤土や黄土、天然の瑠璃など、天然の鉱物や石、土を粉砕して粉にした水や油に溶けない粉末です。紺青、朱、べんがらなどと言われる色が代表的で、有機合成色素に比べると色数が少なく、地味な発色で鮮やかさはありませんが隠蔽力や耐久性に優れ、ファンデーションに多用されます。

天然物は不純物が多く、色がくすんだものしか作れなかったり、色の安定性がなかったり、粒子が粗くて使い勝手が悪かったりすることもあり、現在では化学的に合成した酸化鉄や群青、紺青、酸化クロムなどを無機顔料として使っています。合成でも有機合成色素ほど鮮やかな色は得られませんが、耐光性や耐熱性、色の安定性に優れています。

無機顔料は使用特性から体質顔料着色顔料白色顔料真珠光沢顔料に大きく分けられ、さらに機能性顔料と呼ばれるものもあります。
<成分の関連用語>
  • カミツレエキス
  • メチルパラベン
  • ホワイトニング成分
  • 旧表示指定成分
  • マカデミアナッツ油
  • プロピルパラベン
  • 安定化剤
  • 配合禁止成分リスト
  • エタノール
  • 動物油
  • グリッター
  • パパイン
  • ロウ
  • 白色顔料
  • トリメチルグリシン
  • 匂い
  • 硬化ヒマシ油
  • 海洋深層水
  • いわゆる薬用化粧品中の..
  • 色材
  • 水添
  • トラネキサム酸
  • 基本成分
  • バイオヒアルロン酸
  • 馬油
  • セラミド
  • ホホバ油
  • グリセロール
  • ペプチド
  • 天然色素
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(145) 皮膚のしくみ(127)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(134)
    組織・団体(39) 資格(6)
    海外(33) 新語(8)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(39) 剤型(16)
    評価・試験(59)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(92) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    スキンケア(124) ベースメイク(83)
    ポイントメイク(56) UVケア(38)
    ボディケア(10) ヘアケア(65)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    雑貨(21) 健康食品(22)
    その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(76) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(95)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(2) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(49)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.