美白薬剤の意味

美白薬剤【ビハクヤクザイ】
 
<用語解説>
美白薬剤とは
美白効果があるとして厚生労働省から承認を受けた成分のこと。美白剤、美白成分、美白有効成分とも言う。
美白薬剤のはたらき
薬事法で美白は医薬部外品に該当し、訴求は「日やけによるしみ・そばかすを防ぐ」または「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」と言った表現に限定されています。そしてこの効能効果を表現できる医薬部外品の有効成分の通称として美白薬剤と呼ばれていますが、その開発には非常に長い年月と労力が必要とされ、日本で認可され実用されている成分は約20種類しかありません(2014年現在)。

シミの原因はメラニンの過剰生成と蓄積が主な要因です。そこで美白薬剤には、
1.メラニン生成指令である情報伝達物質の抑制
2.メラニンの生成抑制
3.メラニンの還元
4.メラニンの排出促進
という主に4つの働きがあり、それぞれ、メラニンを作らせず・増やさないようにしたり、メラニンの色を薄くしたり、できてしまったメラニンを早く肌の外に出したりします。メラニン合成過程のどこでどんな機能を発揮するかは美白薬剤により異なります。
<成分の関連用語>
  • ビタミンC誘導体
  • 増粘調整剤
  • アルブチン
  • 粉状
  • 天然原料
  • パラベンフリー
  • ノニオン界面活性剤
  • 顔料
  • 保湿剤
  • 油剤
  • 水素添加
  • 有効成分
  • BG
  • 安定型ビタミンC誘導体
  • 基剤
  • キレート剤
  • ポジティブリスト
  • カルボマー
  • ベタイン
  • シリコーン
  • 自然由来原料
  • グリッター
  • ホホバ油
  • 酸化チタン
  • 水溶性成分
  • 添加
  • マイカ
  • 粉末
  • 香り
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(144) 皮膚のしくみ(123)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(133)
    組織・団体(38) 資格(6)
    海外(32) 新語(7)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(56)

    マーケティング

    商品開発(54) 調査(39)
    表示(90) 施策(3)
    マーケティング(39)

    製品カテゴリー

    スキンケア(123) ベースメイク(83)
    ポイントメイク(56) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(65)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    雑貨(21) 健康食品(22)
    その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(76) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(39) 販促(39)
    販売(85) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(32)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(2) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(4)
    美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(47)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.