アルブチンの意味

アルブチン
 
<用語解説>
アルブチンとは
酵素チロシナーゼの働きを抑制する美白有効成分で、コケモモの葉からとれることで知られている。
もっと詳しい「アルブチン」
アルブチンは酵素チロシナーゼの働きを抑えることで、チロシンがドーパやドーパキノンに変化することを抑制することで、メラニン生成を抑制する美白薬剤です。α-アルブチンとβ-アルブチンがあり両方ともハイドロキノンの誘導体ですが、ハイドロキノンほど漂白するような強力な働きはありません。
アルブチンはコケモモやナシなど多くの植物に含有されており、昔から利尿薬として知られており、β-アルブチンとも言います。アルブチンにメラニン生成の抑制に効果があることが発見された以後、天然のものよりも安全性と純度を高めるため糖とハイドロキノンを合成して作られたものもあります(α-アルブチン)。

●表示名称とINCI名
【表示名称】アルブチン【INCI名】ARBUTIN
<成分の関連用語>
  • FD&C
  • ヒューメクタント
  • オリーブ油
  • アデノシン三リン酸2N..
  • BG
  • 水酸化Na
  • 旧表示指定成分
  • 水溶性
  • 保湿成分
  • 全成分表示
  • ヒマシ油
  • エキス
  • ATP
  • アミノプロピルジメチコ..
  • 精油
  • アスコルビルグルコシド
  • エッセンシャルオイル
  • 油性成分
  • フェノキシエタノール
  • 馬油
  • セラミド
  • 苛性ソーダ
  • 着色成分
  • アニオン
  • 自然原料
  • 紫外線防御剤
  • 出発原料
  • 臭い
  • ホホバ油
  • 無機顔料
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(143) 皮膚のしくみ(125)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(134)
    組織・団体(38) 資格(6)
    海外(33) 新語(8)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(48) 使い心地(31)
    色・質感(39) 剤型(16)
    評価・試験(56)

    マーケティング

    商品開発(55) 調査(39)
    表示(91) 施策(3)
    マーケティング(47)

    製品カテゴリー

    スキンケア(123) ベースメイク(83)
    ポイントメイク(56) UVケア(38)
    ボディケア(10) ヘアケア(65)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    雑貨(21) 健康食品(22)
    その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(76) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(94)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(12)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(2) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(47)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.