キャリーオーバーの意味

キャリーオーバー
 
<用語解説>
キャリーオーバーとは
原料・成分の品質を保持するために使っていた成分であり、製品になった時には微量であるためその効能効果を発揮しない成分のこと。
もっと詳しい「キャリーオーバー」とは
日本化粧品工業連合会のガイドライン(2002年2月27日付改訂版)によると、キャリーオーバーとは化粧品に配合されている成分に付随する成分(不純物含む)で、製品となった時には製品中にはその効果が発揮される量より少ない量しか残っていないものとされています。
例えば配合成分の保存のために添加される防腐剤や酸化防止剤などが該当します。原料が化粧品会社や化粧品製造工場に納入される前、原料会社などにおいて原料を安定的に保管するために配合することがあります。しかし最終的に化粧品に配合する段階ではそれら防腐剤や酸化防止剤は、防腐や酸化防止の役割を果たせないほど薄まっていることが一般的で、この場合にキャリーオーバーとされ、本来の役割を果たす能力はないことから全成分表示に入れなくてもいいという解釈です。
<成分の関連用語>
  • アスコルビルグルコシド
  • フレグランス
  • エチルパラベン
  • ブチルパラベン
  • 溶質
  • BG
  • 着色成分
  • グリッター
  • 忌避剤
  • カラミン
  • 除毛剤
  • 誘導体
  • 偏光パール
  • 4MSK
  • 水性成分
  • シリコン
  • 匂い
  • D&C
  • ポジティブリスト
  • いわゆる薬用化粧品中の..
  • 鉱物油
  • グリセリン
  • パラベン
  • ベース成分
  • 精製水
  • アデノシン三リン酸2N..
  • エモリエント剤
  • エキス
  • 有機顔料
  • 変性アルコール
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(146) 環境(14)
    皮膚のしくみ(129) 毛髪のしくみ(27)
    爪のしくみ(17) 部位の名称(38)
    法律・基準(142) 組織・団体(50)
    資格(6) 海外(40)
    新語(19)

    原料・中身

    成分(239) 技術・処方(91)
    機能・効果(50) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(16)
    評価・試験(61)

    マーケティング

    企画開発(59) 調査(40)
    表示(101) 施策(3)
    マーケティング(53)

    製品カテゴリー

    洗浄料(4) スキンケア(126)
    ベースメイク(89) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(10)
    ヘアケア(66) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(80) 物流・流通(66)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(91) 店舗・売り場(108)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(113) パッケージ(59)
    その他(25)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(41) 広報・PR(23)
    印刷(16)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  プライバシーポリシー  |  ガイドライン・事例早引き
    Copyright(C) 2024 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.