油脂の意味

油脂【ユシ】
 
<用語解説>
油脂とは
主に動植物から採取し、脂肪酸とグリセリンが主成分で、常温で液体の「油と」固体の「脂」を両方合わせた油性成分のこと。
もっと詳しい「油脂」
油脂は脂肪酸とグリセリンのトリエステル(トリグリセリド)が主成分で、常温で液体のものを「脂肪油」、個体のものを「脂肪」と呼びます。つまり、動植物から採取した油(液体)と脂肪(固体)をひとまとめにして油脂と呼んでいます。

化粧品の原料としての油脂は天然から得たものを脱色、脱臭などの精製をして使われますが、不安定なものは水素添加など化学的に安定化して使われることもあります。油脂は種類はたくさんありますが、化粧品原料としては使えるものが比較的限られます。
例えば、植物性のものにはオリーブ油ツバキ油マカデミアナッツ油などがあり、動物性のものには馬油やミンク油などがあります。
ロウも油性成分で油脂と似ていますが油脂とは区別されています。
<成分の関連用語>
  • パラベン
  • ヒューメクタント
  • ペプチド
  • 着色剤
  • 可塑剤
  • 色材
  • 紫外線散乱剤
  • アンホ界面活性剤
  • オリーブ油
  • カラーリング材
  • 出発原料
  • 増粘調整剤
  • カラミン
  • セラミド
  • 鉱物由来原料
  • 水素添加
  • コラーゲン
  • 真珠光沢顔料
  • 溶液
  • 動物性香料
  • パール顔料
  • TMG
  • 粉末成分
  • アルカリ性物質
  • 親油性
  • アルブチン
  • 着色顔料
  • ノニオン界面活性剤
  • グリセリン
  • 雲母チタン
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(146) 皮膚のしくみ(127)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(136)
    組織・団体(43) 資格(6)
    海外(33) 新語(8)

    原料・中身

    成分(226) 技術・処方(89)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(39) 剤型(16)
    評価・試験(59)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(96) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    スキンケア(124) ベースメイク(83)
    ポイントメイク(56) UVケア(38)
    ボディケア(10) ヘアケア(65)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    雑貨(21) 健康食品(22)
    その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(76) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(95)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(2) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(50)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
    印刷(7)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
    Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.