バリの意味

バリ【burr】
 
<用語解説>
バリとは
バリとは、キャップ容器などの材料を製造・加工する際に発生するギザギザやトゲのような小さい突起のこと。主にエッジ部分に発生する。バリは外装の見た目に影響するだけでなく、手に取った時に怪我につながる恐れがある。
バリは製品の品質や安全性を左右する
化粧品外装のバリは、製品の見た目に影響するだけでなく、怪我につながる恐れがあります。特に、キャップやコンパクトケースのエッジ部分は容器を開け閉めする度、ジャー容器の口もとはクリームを指先で取る度、バリに触れる可能性があるため大変危険です。

さらに、その製品を使用するエンドユーザーにとって危険なだけではありません。店頭や生産工場、材料メーカーなど多くの場所で、多くの人がそのキャップを手に取ります。触った人が指を切ってしまう危険や、周辺のものを傷つけてしまうリスクがあります。

バリは、金型に流し込んだ樹脂や金属が金型からはみ出したり、材料の切断時に材質に変化が生じたりすることで生じます。金型自体に歪みが生じている場合もありますが、特にエッジの部分はどうしてもバリが発生することがあります。チューブやアルミパウチなどでは、シールした結果その部分にバリができることもあります。

容器類の成形後にバリを取り去ることも容器製造工程の一つで、バリ加工やバリ取りと呼びます。基本的にバリはあってはなりませんが、その安全性の基準は企業により様々です。
<容器の関連用語>
  • エアレス容器
  • バックレスチューブ
  • ヒンジキャップ
  • PTP包装
  • ワンタッチキャップ
  • 腐食加工
  • 塗装
  • 識別マーク
  • 腐食ガラス
  • レフィル
  • 有型容器
  • コンパクトケース
  • チューブ容器
  • Pシール
  • 一体型チューブ
  • 噴霧
  • 正立
  • 被包
  • ボトル
  • キャップ
  • 金皿
  • レーベル
  • 密閉容器
  • 密封容器
  • 自立
  • 触覚識別表示
  • 吐出
  • ワンタッチ式チューブ
  • エンボス加工
  • チャイルドセーフティー..
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(145) 皮膚のしくみ(129)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(138)
    組織・団体(45) 資格(6)
    海外(35) 新語(8)

    原料・中身

    成分(231) 技術・処方(89)
    機能・効果(50) 使い心地(31)
    色・質感(40) 剤型(16)
    評価・試験(60)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(97) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    洗浄料(4) スキンケア(122)
    ベースメイク(83) ポイントメイク(56)
    UVケア(38) ボディケア(10)
    ヘアケア(65) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(81) 物流・流通(64)
    輸出入(24)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(103)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(51)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
    印刷(8)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
    Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.