製品設計の意味

製品設計【セイヒンセッケイ、product design】
 
<用語解説>
製品設計とは
1.どんな化粧品にするのかの計画
2.1の計画内容を資料にしたもの
*プロダクトデザインと言うこともある

製品設計とはコンセプトを具現化したもの

製品設計とは、精魂こめて練り出したコンセプトを製品として目に見える形にするため、これからの開発の方向性や製品仕様をまとめた、まさにその製品の設計図のようなものです。

具体的には、
●消費者の嗜好や潜在意識などのニーズ
●競合情報や市場特性などの環境
●基礎研究や応用研究などのシーズ
を分析し、設計内容につなげます。
そのときにブランドイメージやブランドの役割がぶれてはいけませんし、環境配慮や安全性など企業ポリシーから外れてもいけません。さらにコストもそれぞれ設定されている基準内におさめなければなりません。自社で研究所を持つ企業の場合は、自社オリジナルの新成分や新技術などのシーズから始まる製品設計もよくあります。
どんな製品にするかだけでなく、発売までどんな方法や手順で進めるか、発売時にはどんなプロモーションをするか、発売後はどのようにモニタリングするかといった内容まで含みます。

メーカーにより異なりますが、商品企画部門が中心に製品設計を立てますが、その製品の全体像や詳細がイメージしやすいよう資料化するのが一般的です。製品設計書でもあるその資料では、仮称、発売日、発売地域や発売国、メーカー希望小売価格、販売計画数量、訴求内容、効果・効能、機能や成分、剤型や外観色、使用性使用法容器パッケージのデザイン等を項目別に詳しく、わかりやすく伝える必要があります。
<企画開発の関連用語>
  • 試買
  • インサイト
  • OEM
  • 薬事法
  • トレンドカラー
  • 現行品
  • ミューズ
  • 相手先ブランド名製造
  • スキニフィケーション
  • 薬事調査
  • 申請名称
  • インスパイアされた
  • 限定販売
  • 販売名
  • マス
  • マスマーケティング
  • ページ割り
  • 佇まい
  • 既存製品
  • コラボ
  • 泡立ち
  • 後発
  • ODM
  • ページネーション
  • コスパ
  • 既存品
  • 製品設計
  • 有用性試験
  • ラインナップ
  • ネーミング
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(146) 環境(14)
    皮膚のしくみ(129) 毛髪のしくみ(27)
    爪のしくみ(17) 部位の名称(38)
    法律・基準(142) 組織・団体(50)
    資格(6) 海外(42)
    新語(20)

    原料・中身

    成分(240) 技術・処方(94)
    機能・効果(51) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(16)
    評価・試験(61)

    マーケティング

    企画開発(61) 調査(40)
    表示(101) 施策(3)
    マーケティング(55)

    製品カテゴリー

    洗浄料(5) スキンケア(126)
    ベースメイク(89) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(11)
    ヘアケア(66) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(80) 物流・流通(66)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(91) 店舗・売り場(108)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(113) パッケージ(59)
    その他(25)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(41) 広報・PR(25)
    印刷(16)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  プライバシーポリシー  |  ガイドライン・事例早引き
    Copyright(C) 2024 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.