化粧品の意味

化粧品【ケショウヒン】
 
<用語解説>
化粧品とは
化粧品とは、肌の保湿や整髪などの目的で使う製品で、かつ人体に対する作用が緩和なもののこと。
一般化粧品と薬用化粧品
薬用化粧品とは医薬部外品に相当する化粧品のことです。化粧品は、この薬用化粧品と薬用化粧品以外に分けられますが、両者を含めて一般的に化粧品と言ぶことがよくあります。

薬用化粧品と薬用化粧品以外の化粧品を明確に区別する場合は、薬用化粧品以外の化粧品を「一般化粧品」と表現したり、「化粧品(医薬部外品を除く)」のように表現したりします。
逆に区別せず、一般化粧品も薬用化粧品も含んでいることを確実に表現したい場合には、「化粧品等」や「化粧品(医薬部外品も含む)」などの表現があります。

化粧品は、角層までの浸透や作用しか訴求できません。また「化粧品」は薬事法全成分表示が義務づけられています。薬用化粧品も日本化粧品工業連合会による業界自主基準として成分表示をすることになっています。
化粧品の定義
薬事法(現在は薬機法)では化粧品(一般化粧品のこと)を次のように定義しています。(薬事法 第1章総則第2条第3項より抜粋)

「化粧品とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされる物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。ただし医薬部外品を除く」
<全般の関連用語>
  • ペスクタリアン
  • ラクトベジタリアン
  • プレゼン
  • 外装
  • 色相
  • インディーズブランド
  • バリエ
  • 用時調整タイプ
  • ジャーニーサイズ
  • デュアル
  • コスメフリーク
  • 原産国
  • 詰め替え用
  • ラクトオボベジタリアン
  • サプライヤー
  • レフィル
  • CS
  • 付け替え用
  • ロールプレイング
  • 制度品メーカー
  • EC
  • 競合他社
  • 幹細胞
  • 3R
  • 部外品
  • 充填
  • 二次汚染
  • ブランドカラー
  • 日本薬局方
  • クリーンビューティ
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(143) 皮膚のしくみ(127)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(134)
    組織・団体(38) 資格(6)
    海外(33) 新語(8)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(48) 使い心地(31)
    色・質感(39) 剤型(16)
    評価・試験(56)

    マーケティング

    商品開発(55) 調査(39)
    表示(91) 施策(3)
    マーケティング(47)

    製品カテゴリー

    スキンケア(123) ベースメイク(83)
    ポイントメイク(56) UVケア(38)
    ボディケア(10) ヘアケア(65)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    雑貨(21) 健康食品(22)
    その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(76) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(94)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(12)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(2) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(47)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.