天然色素の意味

天然色素【テンネンシキソ】
 
<用語解説>
天然色素とは
鉱物以外で自然に存在するものから取り出した色材のことで、主には動植物からとれる天然の色材。微生物由来のものもある。有機合成色素に比べると色が薄く、光や熱に弱い。
もっと詳しい「天然色素」
天然色素は食用などで古くから用いられてきたものが原料になっています。有機合成色素に比べると着色力や耐光性、耐薬品性がなく、安定的に供給するのが難しい色材ですが、有機合成色素に対するネガティブなイメージなどから需要は高い色材です。

主な分類は次のとおりです。
●カロチノイド系(黄~橙赤色): 人参、トマト、ベニザケ、エビ、カニなどに存在
●フラボノイド系(黄~赤紫色): ハイビスカス、ベニバナ、ブドウの皮などに存在
●キノン系(黄・橙~赤紫色): ラックカイガラムシ、エンジムシ、ウニなどに存在
<成分の関連用語>
  • 自然由来原料
  • フェノキシエタノール
  • ワセリン
  • 雲母チタン
  • エキス
  • プレミックス
  • メチルパラベン
  • タルク
  • ロウ
  • アミノ酸
  • カラーリング材
  • 誘導体
  • ヒューメクタント
  • 顔料
  • 両性界面活性剤
  • 増粘調整剤
  • アニオン界面活性剤
  • 天然由来原料
  • リン酸アスコルビルMg
  • 臭い
  • 混合
  • 着色剤
  • キャリーオーバー
  • ポジティブリスト
  • 保湿剤
  • 天然成分
  • W主剤
  • 安定化成分
  • 天然原料
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(136) 皮膚のしくみ(106)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(122)
    組織・団体(27) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(219) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(52) 調査(27)
    表示(84) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(116) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(57)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(20)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(73) 物流・流通(58)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(90) パッケージ(34)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.