増粘剤の意味

増粘剤【ゾウネンザイ、thickener】
 
<用語解説>
増粘剤とは
増粘剤とは、化粧品の粘度を高めたりとろみを出したりすることで使用感触の調整や安定性を上げる成分のこと。シックナーと呼ぶこともある。
増粘剤について
油分は固形から液状まで様々な剤型があるため、化粧品に色々な粘度を持たせられることに対し、水分はそのように多様ではないため、増粘剤を用いることで水分の粘度を調整します。増粘剤を用いることでとろみがついたり、ジェル状になったりし、使用感触にも大きく影響します。

とろみをつけることにより、垂れにくく、肌や髪に塗布しやすくなります。粘度を調整して特長的な使用感触を持たせたり、中身外観の印象をよくすることもできます。例えば、化粧水にとろみがつくことで、手に取った時にコクを感じたり、シャバシャバ系に比べて効果感や高級感のある見た目になったりします。

また、乳化したものが分離しないようにしたり、顆粒が沈殿しないようにするなど剤型を安定化させる働きもあります。カルボマー、キサンタンガム、ペクチン、ペントナイトなど様々な増粘剤があります。
<成分の関連用語>
  • マイカ
  • ベース成分
  • エチルパラベン
  • 油溶性
  • アデノシン三リン酸2N..
  • 球状粉体
  • TMG
  • エステル油
  • 非自然原料
  • DPG
  • シックナー
  • パール剤
  • タール色素
  • CAS RN
  • ホワイトニング成分
  • カラミン
  • 邦文表示名称
  • アルブチン
  • 保湿成分
  • 水溶性
  • ジメチコン
  • 酸化鉄
  • 着色成分
  • 無機顔料
  • コーシング
  • BG
  • 配合
  • 顔料
  • 色材
  • 4MSK
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(146) 皮膚のしくみ(129)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(138)
    組織・団体(47) 資格(6)
    海外(35) 新語(8)

    原料・中身

    成分(234) 技術・処方(89)
    機能・効果(50) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(16)
    評価・試験(60)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(98) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    洗浄料(4) スキンケア(122)
    ベースメイク(83) ポイントメイク(56)
    UVケア(38) ボディケア(10)
    ヘアケア(65) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(81) 物流・流通(64)
    輸出入(24)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(105)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(51)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(35) 広報・PR(22)
    印刷(8)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
    Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.