変性アルコールの意味

変性アルコール【ヘンセイアルコール】
 
<用語解説>
変性アルコールとは
化粧品でアルコールと呼ばれるエタノールに飲食用には向かない臭いや味を持つ化合物である変性剤を添加することで、飲食できないようにしたエタノールのこと。
もっと詳しい「変性アルコール」
主に溶剤として使われますが、エタノールと同じように可溶化以外にも収れん、殺菌、清涼感などの作用があります。飲めないため醸造アルコールでないということから酒税がかからず通常のアルコールより原料費として安くなるという時代がありました。ただし、現在は無変性アルコールを酒税をかけずに購入できるようになったため、通常のエタノールの方を多く用いる傾向にあり、変性アルコールが使われることは少なくなってきました。

●表示名称とINCI名
【表示名称】変性アルコール、【INCI名】ALCOHOL DENAT
<成分の関連用語>
  • ホワイトニング成分
  • 粉末
  • 鉱物油
  • エチルパラベン
  • 薬剤
  • 金属イオン封鎖剤
  • 植物性香料
  • ワイルドハーベスト
  • アミノプロピルジメチコ..
  • パパイン
  • 酸化チタン
  • オーガニック由来原料
  • 美容成分
  • 着色剤
  • 出発原料
  • ラメ
  • 保湿剤
  • フレグランス
  • 精油
  • メチルパラベン
  • 安定化成分
  • ヒマシ油
  • 水溶液
  • パール剤
  • 親油性
  • ツバキ油
  • AA-2G
  • アデノシン三リン酸2N..
  • 基剤
  • 溶質
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(136) 皮膚のしくみ(106)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(122)
    組織・団体(27) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(219) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(52) 調査(27)
    表示(84) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(116) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(57)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(20)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(73) 物流・流通(58)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(90) パッケージ(34)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.