リン酸アスコルビルMgの意味

リン酸アスコルビルMg【リンサンアスコルビルマグネシウム】
 
<用語解説>
リン酸アスコルビルMgとは
水溶性のビタミンC誘導体の一種である美白有効成分。APMとも呼ばれる。
もっと詳しい「リン酸アスコルビルMg」
リン酸アスコルビルMgはアスコルビン酸にリン酸マグネシウム(PM)を結合することで、ビタミンCを安定化したビタミンC誘導体です。表皮内の酵素であるアルカリフォスターゼによって短時間で分解されます。皮膚になじんだ後、早い段階でビタミンCに変わるので成分が開発されてから暫くは(1990年代初めの頃まで)、速効型ビタミンC誘導体とも呼ばれました。表皮上層部の黒くなったメラニンを還元する効果と、表皮深部のメラノサイト内でドーパキノンをドーパに還元する効果があります。

●表示名称とINCI名
【表示名称】リン酸L-アスコルビルマグネシウム
【INCI名】MAGNESIUM ASCORBYL PHOSPHATE

一定量(求められる%)を配合して医薬部外品となります。一般化粧品の場合は表示名称が異なり「リン酸アスコルビルMg」です。
<成分の関連用語>
  • 紫外線散乱剤
  • フレグランス
  • 酸化チタン
  • ポジティブリスト
  • 変性アルコール
  • ホホバ種子油
  • アルブチン
  • スクラブ
  • アルカリ性物質
  • DPG
  • エチルパラベン
  • 膠原
  • ブチルパラベン
  • ビタミンC
  • エキス
  • カルボマー
  • エステル油
  • パパイン
  • 溶質
  • ニートソープ
  • 天然由来原料
  • ホホバ種子オイル
  • アニオン
  • 精油
  • 有効成分
  • ホホバ油
  • 配合
  • 溶液
  • 安定型ビタミンC誘導体
  • パラベンフリー
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(146) 皮膚のしくみ(129)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(141)
    組織・団体(48) 資格(6)
    海外(40) 新語(15)

    原料・中身

    成分(235) 技術・処方(91)
    機能・効果(50) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(16)
    評価・試験(60)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(98) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    洗浄料(4) スキンケア(125)
    ベースメイク(86) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(10)
    ヘアケア(66) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(82) 物流・流通(65)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(91) 店舗・売り場(106)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(106) パッケージ(53)
    その他(22)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(37) 広報・PR(23)
    印刷(14)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
    Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.