安定性 | 化粧品・コスメ辞書ならコスメ・コンシェル

「安定性」の検索結果
<見出し語>
用語
安定性 その化粧品を使い終わるまで品質が悪化しないように保持すること
1  (1/1)

<本文>

炭化水素

…ワランなどがあります。化粧品原料としては、多くが石油由来なため鉱物性原料とも呼ばれますが、それらは酸化などしにくい優れた安定性があり、しっかり精製され、皮膚に対する安全性の高さが認められています。乳化のしやすさや粘着性などの特性があり、また…

処方開発

…定です。実際に消費者が使用できるレベルではあるものの、まだ仮決定とするのは、一般的にこの最終試作品を用いて、有用性試験や安定性・安全性を保証する品質保証テストを行ったり、量産を想定したスケールアップ試作を行ったりするためです。最終的にこれら…

PAO

…ルコール含有率が高く微生物リスクの低い香水やオーデコロンなどがあげられています。開封後品質保持期間(PAO)の評価には、安定性試験や微生物チャレンジテストなどから決められ、容器タイプや消費者の習慣なども考慮されます。…

増粘調整剤

増粘剤のことで、化粧品の粘度を高めたり、とろみを出したりし、使用感触の調整や安定性を向上する成分。…

用時調整型化粧品

もっと詳しい用時調整型化粧品混合した状態では時間の経過とともに変質してしまったり成分の効果がなくなってしまうなど経日安定性が良くない場合、使用する時に消費者の手で混合することを前提にした化粧品を設計することがあります。この使用するときに消費…

ATP

アデノシン三リン酸2Naのこと。アデノシン三リン酸2NaはATPそのものではないが、成分としてATPの安定性を高めたもの。…

アデノシン三リン酸2Na

…性する効果を期待し、アンチエイジングカテゴリーの製品にもよく用いられます。アデノシン三リン酸2Naは成分としてのATPの安定性を高めたものでATPそのものではありませんが、体内でナトリウムが外れるとATPとしての働きを発揮し、その働きはAT…

水酸化Na

pH調整に使われる代表的なアルカリ剤。洗顔料などの界面活性剤として使われたり、乳化の安定性を高めるために使われたりもする。白色の固体で苛性ソーダとも呼ばれ、水に溶けやすく強いアルカリ性を示す。…

中間製品試験

…は工場だけではなく、研究開発や商品企画などの関連部門においても、成分が設計どおりに配合されているかを確認する分析試験や、安定性や安全性などを確認するする試験、官能評価、パッケージの表示チェックなどを実施します。中間製品試験で合格判定を得た場…

遮光

…わかるという利便性もあるからです。しかし中身を光の影響から守るためには遮光のため色や透明度に制限があることが多いのです。安定性試験では、太陽光や店舗、什器などの照明を想定して加速試験を行い、遮光性を確認します。…

使用期限

…び品質が安定する化粧品には使用期限の表示義務はありません。つまり、表示期限表示のない化粧品は、各化粧品会社において製品の安定性試験で3年はパスしていることになります。しかし、物流や店頭在庫などの期間を鑑み、各社安全を見て5年は品質を保持でき…

カルボマー

…下の少量で増粘の目的を果たせられるため、一般的に配合量は微量です。成分自体の保水力の高さに加え、増粘効果によって使用性や安定性を向上させ、化粧品をより効果的に心地よく使えるようにします。クリームのように肌に塗布しやすいもったりとしたかたまり…

ホホバ種子オイル

…食用種子を圧縮・精製して得られる液体ロウです。もとは透明な黄色いオイルですが、精製すると無色透明になります。酸化に対する安定性に優れ、また、天然植物油ですが人の皮脂に類似しているため肌へのなじみもよく、保湿効果に優れるオイルでありながらサラ…

ホホバオイル

…食用種子を圧縮・精製して得られる液体ロウです。もとは透明な黄色いオイルですが、精製すると無色透明になります。酸化に対する安定性に優れ、また、天然植物油ですが人の皮脂に類似しているため肌へのなじみもよく、保湿効果に優れるオイルでありながらサラ…

ホホバ種子油

…食用種子を圧縮・精製して得られる液体ロウです。もとは透明な黄色いオイルですが、精製すると無色透明になります。酸化に対する安定性に優れ、また、天然植物油ですが人の皮脂に類似しているため肌へのなじみもよく、保湿効果に優れるオイルでありながらサラ…

ホホバ油

…食用種子を圧縮・精製して得られる液体ロウです。もとは透明な黄色いオイルですが、精製すると無色透明になります。酸化に対する安定性に優れ、また、天然植物油ですが人の皮脂に類似しているため肌へのなじみもよく、保湿効果に優れるオイルでありながらサラ…

促進試験

…速試験のこと。本来は何年かかけなければ確認できない製品の劣化状態を製品を過酷な環境におくことで実際より短い時間で確認する安定性試験のひとつで、紫外線量や気温、湿度などを現実的ではないほどに設定し、数週間~数ヵ月の試験期間で数年後の劣化状態を…

加速劣化試験

…速試験のこと。本来は何年かかけなければ確認できない製品の劣化状態を製品を過酷な環境におくことで実際より短い時間で確認する安定性試験のひとつで、紫外線量や気温、湿度などを現実的ではないほどに設定し、数週間~数ヵ月の試験期間で数年後の劣化状態を…

加速試験

本来は何年かかけなければ確認できない製品の劣化状態を製品を過酷な環境におくことで実際より短い時間で確認する試験のこと。安定性試験のひとつで、紫外線量や気温、湿度などを現実的ではないほどに設定し、数週間~数ヵ月の試験期間で数年後の劣化状態を想…

水添

水素添加の略で、そのままでは酸化や劣化しやすい油脂の安定性を高めるために水素を結合させる方法のこと。水添ヒマシ油は水素を添加したことによってヒマシ油の安定性を高めた成分ということ。…

ヒアルロン酸

…ちます。以前はニワトリのトサカから抽出した天然のヒアルロン酸が一般的でした。しかし、ニワトリのトサカから抽出する場合は、安定性や安全性などを維持することが難しいことから、現在はバイオヒアルロン酸を用いることが多くなっています。単にヒアルロン…

エタノール

…剤としてよく知られますが、化粧品の基剤や溶剤としてもよく使われる水溶性成分です。肌の引きしめや清涼感、脱脂、製品の防腐や安定性向上、水や油に溶けにくい成分や香料・や色素の可溶化などを目的に用いられます。「ベへニルアルコール」「ステアリルアル…

官能評価

官能評価は使用テストの一つで、有用性や安定性などの試験と同じく大変大切な評価試験です。化粧品はどんなに科学的な検査で合格しても、人の感覚をもってしても満足できるもの、正しいと思われるものでなければなりません。官能評価は商品の企画段階から出荷…

合成成分

化学的な方法で合成した成分のこと。天然成分の良い点を生かし、不純物の混じりや安定性、安定的供給性など弱点をなくした成分。…

合成原料

化学的な方法で合成した原料のこと。天然原料の良い点を生かし、不純物の混じりや安定性、安定的供給性など弱点をなくした原料。…

ビタミンC誘導体

…やすいようビタミンCを改良したもので、メラニン還元を促すことで美白効果を発揮する美白薬剤です。ビタミンCは大変安全ですが安定性に乏しいため化粧品への配合や肌への浸透が難しい成分です。そこでビタミンCにリン酸などを結合させることで安定化させた…

補助成分

化粧品の基本成分はもちろん、その化粧品の特長になる薬剤や着色成分、着香成分など全ての成分は安定性・安全性を吟味して厳選されていますが、それでも光や微生物などの影響によって化学反応を起こしてしまう可能性があります。主に補助成分とは、それによる…

安定化剤

化粧品の基本成分は安定性を確認し厳選したものですが、それでも光や酸素、微生物などの影響により化学反応を起こし変質する可能性がないとは言えません。そこでそのような変質を防いで化粧品の安全性を保つために添加する補助成分が安定化剤です。防腐剤や酸…

無機顔料

…んが隠蔽力や耐久性に優れ、ファンデーションに多用されます。天然物は不純物が多く、色がくすんだものしか作れなかったり、色の安定性がなかったり、粒子が粗くて使い勝手が悪かったりすることもあり、現在では化学的に合成した酸化鉄や群青、紺青、酸化クロ…

化粧品の品質特性

…し悪しは消費者が決めるものの、企業側として欠かしてはならない非常に重要な特性が品質特性です。具体的には、化粧品は安全性、安定性、使用性、有用性、嗜好性の5点に優れていることが条件と言われ、この5点が化粧品の品質特性です。嗜好性を使用性に含め…

水素添加

…酸の割合が高いと、常温で液状になる性質もあり、植物油は多くの動物油と異なり常温では液体です。そこで、植物油の融点を上げ、安定性を高めて、化粧品に使いやすい硬さを持ち、酸化しにくい油脂にする技術が水素添加です。飽和脂肪酸は炭素の結合がすべて水…

ミネラルオイル

…」と訴求する製品もありますが、現在一般的に用いられているミネラルオイルは、しっかり精製された純度の高いものです。安全性・安定性の高い成分ですから、特別な理由がない限り、わざわざミネラルオイルを避ける必要はないと思います。…

増粘剤

増粘剤とは、化粧品の粘度を高めたりとろみを出したりすることで使用感触の調整や安定性を上げる成分のこと。シックナーと呼ぶこともある。…

精製水

…道水であり、衛生面で何の問題もありません。しかし、水道水に含まれる残留塩素や金属塩などの不純物が、他の原料と反応したり、安定性に影響を及ぼしたりし、化粧品の原料には適さない場合があります。そこで、化粧品の製造では水道水に含まれる不純物を除去…

原料

…。〇原料選定で大事なこと原料には、天然由来から合成原料まで多くのものがありますが、どれにおいても法規制に適合し、安全性・安定性に優れ、安定して供給できることが重要です。その上で、目的とする化粧品の効能効果や特性を発揮できる機能性や性質を有し…

成分評価試験

…ですが、その裏側では化粧品会社は多大なコストや時間をかけて科学的データを備えています。化粧品の検査・試験というと安全性や安定性に関して行われていることはよく知られていますが、実は効果・効能を示すためにも多くの試験が行われているんですね。何の…

安定性

化粧品が製造され出荷された後、店頭にある間やお客様の手元に渡ってから中身や容器が悪化することがないよう化粧品には高い安定性が求められ、それは中身を完全に使い終わった後まで続かねばなりません。中身には必要に応じて防腐剤が配合されますが、それで…

品質特性

…し悪しは消費者が決めるものの、企業側として欠かしてはならない非常に重要な特性が品質特性です。具体的には、化粧品は安全性、安定性、使用性、有用性、嗜好性の5点に優れていることが条件と言われ、この5点が化粧品の品質特性です。嗜好性を使用性に含め…
用語のカテゴリー

全般

全般(145) 環境(14)
皮膚のしくみ(129) 毛髪のしくみ(27)
爪のしくみ(17) 部位の名称(38)
法律・基準(141) 組織・団体(49)
資格(6) 海外(40)
新語(15)

原料・中身

成分(237) 技術・処方(91)
機能・効果(50) 使い心地(31)
色・質感(41) 剤型(16)
評価・試験(60)

マーケティング

企画開発(56) 調査(39)
表示(101) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

洗浄料(4) スキンケア(125)
ベースメイク(86) ポイントメイク(59)
UVケア(39) ボディケア(10)
ヘアケア(66) フレグランス(49)
ネイル(26) 雑貨(21)
健康食品(22) その他(8)

生産・流通

製造・生産(82) 物流・流通(65)
輸出入(25)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(91) 店舗・売り場(107)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(30)
くま・くすみ(8) ニキビ(19)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

手入れ法・施術

フェイシャル(4) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(6)
美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

材料・外装

容器(113) パッケージ(59)
その他(25)

広告・宣伝

広告・宣伝(40) 広報・PR(23)
印刷(15)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
Copyright(C) 2022 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.