美白 | 化粧品・コスメ辞書ならコスメ・コンシェル

「美白」の検索結果
<見出し語>
用語
美白 メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐこと
美白有効成分 美白薬剤。美白効果のある厚生労働省から承認を受けた成分
美白薬剤 美白効果があるとして厚生労働省から承認を受けた成分
1  (1/1)

<本文>

コスメシューティカル

…中、化粧品と医薬品の中間にあたるような製品を指す言葉として用いられています。特に、日焼け止めや抗しわのアンチエイジング、美白などのカテゴリーがコスメシューティカルと分類され、今後ますます伸びる市場と言われています。また、医薬部外品のようなカ…

PMDA

…薬品等の副作用・感染による健康被害の救済、医薬品・医療機器の承認審査、医薬品・医療機器の安全対策を三大業務としています。美白化粧品など医薬部外品相当の化粧品の承認申請先はPMDAです(申請品目が告示*の範囲内の場合は製造販売業許可を取得した…

ニーズ

必要性や需要のこと。消費者にとって必要性が高く、市場から強く求められていること。「美白ニーズが高い」、「ニーズがない」などと使われる。…

スキンタイプ

…ると悪いことであって、ブラウンや黒く色づいた肌色は悪いことではありません。また、色名としての肌色は現在は死語です。じゃあ美白って何よ?についてですが、美白で目指す肌は、本来の肌色以上の白さではなく、その人本来の肌色です。もともとなかったシミ…

出発処方

…ロからではなく既存の処方を生かす場合、もととなる既存の処方のこと。今度の新製品はロングセラーのAクリームを出発処方にして美白効果を付与、などと表現。…

カミツレエキス

…や変調した肌を落ち着かせる鎮静効果などもあり肌の調子を整えるコンディショニング成分としてよく用いられます。カモミラETは美白薬剤としてよく知られます。植物エキスの表示名のしかたが変更されています。店頭では旧表示も見られますが、カミツレの花と…

ホリゾンタル陳列

…もらえるなど、店内を広く見てもらいやすい環境です。多くは、大分類をした中でバーチカル陳列がされます。例えば機能別ならば、美白という大分類の中で、最初はAブランド、次にBブランドというようにブランド毎にしたり、最初に化粧水、次に乳液というよう…

W主剤

W主剤とは一つの製品に2種類の有効成分を配合することです。例えば、AA-2Gとアルブチンのダブル配合でダブルの美白と訴求されることがあります。他の有効成分でも美白美白、あるいは美白と肌荒れ改善といったW主剤の例がいくつかあるものの、W主剤…

アイクリーム

…の肌悩みが発生しやすい部位です。そこで保湿効果をより高めたり、小じわ対応の薬剤を配合したり、メラニン色素によるくまならば美白機能を持たせたりなど一口にアイクリームと言っても対応する肌悩みに応じて様々な機能があります。また成分による機能だけで…

ホワイトニング成分

美白薬剤のこと。美白有効成分ともいう。…

製剤

…か」と言った感じに、同じ化粧品会社内でも中身や有効成分、処方を研究部門や製造・生産部門では製剤と呼ぶことがよくあります。美白製剤、製剤開発、製剤研究、製剤化など色々な表現をします。医薬部外品の有効成分だけでなく、一般化粧品においても効能効果…

棲み分け

…たように販売チャネルを棲み分けたり、ティーンエイジャー向けとマチュア向けのように顧客の年齢層を棲み分けたり、ニキビ対策や美白、アンチエイジングといったように機能を棲み分けたり、駅近と住宅街というように立地を棲み分けたり、セルフやカウンセリン…

シートマスク

…出した後、マスクを広げやすくするためには折りたたみ方も重要で、中には広げやすいよう顔型につまみを付けたタイプもあります。美白や保湿などのマスク液の機能だけでなく、マスクの素材や形によっても様々なシートマスク製品ができます。マスク液の充填適正…

コンシーラー

…ます。指先でなく筆を使うとより自然に仕上げられます。またスキンケア性を高めたものも多く、例えばシミ用のコンシーラーならば美白薬剤を配合したものです。コンシーラーにスキンケア効果が付与されているというより、美白化粧品にコンシーラー効果が付与さ…

美顔器

…般的な美顔器は承認や認証が必要な医療機器ではありません。そのため、薬機法の対象外であり、血行促進や顔痩せ、素肌の若返り、美白などの効果は標榜できません。医療機器的な効能効果を訴求する場合は、それが事実であるのはもちろん、医療機器として薬機法…

化粧下地

…能です。さらに肌の色むらやくすみを補正する色補整効果や、光沢やツヤで肌を立体的に見せる光効果、保湿やオイルコントロール、美白などのスキンケア効果を高めたものなど様々です。部分用と全体用がありますが、部分用にはべたつきや毛穴の目立ちが気になる…

プロテクター

…くなります。高いSPF値とPA値や、皮脂や汗で落ちない、泳いでも落ちないなどといった機能より、使用性の良さや、保湿効果や美白効果、下地効果が全面に出ている商品です。なので種類別名称でも日中用美容液や日焼け止め乳液、日やけ止め美容液といったよ…

くすみ

…ています。シミとは違いある程度広がっています。また部分的な色素沈着が顔全体をくすませて見せることもあります。紫外線防御や美白ケアが大切です。また日常生活中で行動や衣類の着方などで繰り返し肌に摩擦の負担がかかるようなことがあれば、それらを避け…

アルブチン

酵素チロシナーゼの働きを抑制する美白有効成分で、コケモモの葉からとれることで知られている。…

AA2G

美白薬剤であるビタミンC誘導体の一種でアスコルビルグルコシドのこと。…

アスコルビルグルコシド

水溶性のビタミンC誘導体の一種である美白有効成分。アスコルビン酸グルコシドやAA-2Gとも呼ばれる。ビタミンC誘導体はビタミンCをベースにした化合物の総称であり色々な種類があるが、「安定型ビタミンC誘導体」や「持続型ビタミンC誘導体」と表現…

APM

美白薬剤であるビタミンC誘導体の一種でリン酸アスコルビルMgのこと。…

フリーラジカル

…酸化をおさえるのに抗酸化成分が配合されます。酸化抑制をすることで、メラニンを作れという情報伝達物質の発生を抑えようという美白化粧品や、皮脂の酸化を抑制することでニキビを防ごうという皮脂・ニキビ用化粧品などがあります。紫外線によってもフリーラ…

情報伝達物質

…ラノサイト活性化因子には、エンドセリンやメラノサイト刺激ホルモンなどが知られており、それらの物質のはたらきを抑制するのは美白機能の1つである。…

メラニン排出

…によってメラニンを排出することは、メラニンを作らせないとか薄くするといった直接メラニンに働きかけることではありませんが、美白機能としてとても重要な働きです。…

チロシナーゼ

…なタイプがあるので、それらによってどんな情報が伝えられたとしてもメラニン生成はチロシナーゼの活性から始まるのです。そこで美白薬剤にはチロシナーゼの活性を抑制する効果があるものがよく見られます。またチロシナーゼは紫外線などの影響を受けずとも、…

4MSK

メラニン生成抑制効果とメラニン排出促進効果を持つ美白有効成分。4-メトキシサリチル酸カリウム塩の略称。…

美白有効成分

美白薬剤のこと。厚生労働省から承認を受けた美白効果のある成分。美白剤や美白成分、美白薬剤などとも呼ぶ。…

慢性微弱炎症

…られているということです。これは比較的最近発見された知見ですが、だからシミをなくすのが難しいということに納得いきますね。美白の世界はどんどん進化しています。シミに関する新しいメカニズムが発見されると、美白商品や成分もそれに対応したものが開発…

茶くま

…くすみも茶クマの一種です。茶クマは上を向いても肌を引っ張っても変わりません。肌を引っ張るとクマも一緒に動きます。改善には美白ケアやピーリングが効果的です。一時的に消したい場合はコンシーラーなどを使ってクマの部分をカバーすることで目立たなくす…

日焼け止め

…になる国もあります。日本でSPF付きの製品で医薬部外品になっているものもありますが、それは日焼け止め効果としてではなく、美白などのスキンケア機能で医薬部外品になっているのです。海外では、紫外線に対しては美容の面だけでなく、皮膚がんのリスクま…

アフターサンケア

…はいつもよりダメージを受けていますので、ほてりや赤みなどが見られる時はアフターサンケアをしましょう。シミを作らないために美白のマスクやスクラブ入りの洗顔などを使いたくなりますが、肌が普段通りに戻っていない場合は使用を避けることが重要です。日…

ファンデーション

…線や埃、乾燥などの外界の刺激から肌を守るなど多くの機能を持つ。トリートメント機能にも優れ、肌のうるおい保持や肌荒れ改善、美白などのスキンケア効果が付与されたアイテムも多い。…

腐食ガラス

…ます。半透明なため透明ガラスよりも紫外線などの影響から中身を守ることができ、塗装ガラスよりコストは抑えられます。ただし、美白化粧品に相当するだけのビタミンC誘導体を配合した場合など、中身配合成分によってはより確実に紫外線を防ぐ必要があり、腐…

ブライトニング

1. 肌を明るくすることメラニン色素に対応する美白とは異なり、角質肥厚や血行不順などが原因でくすんで見える肌を明るくすること2. 欧米での美白のこと主に欧米における日本で言う美白(ホワイトニング)の効能効果…

美白薬剤

薬事法で美白は医薬部外品に該当し、訴求は「日やけによるしみ・そばかすを防ぐ」または「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」と言った表現に限定されています。そしてこの効能効果を表現できる医薬部外品の有効成分の通称として美白薬剤と呼ばれて…

トラネキサム酸

…キサム酸はこの指令である情報伝達物質を抑制することでメラノサイトの活性化を抑えることによりメラニンが作られないようにする美白薬剤です。2002年に医薬部外品として「美白」の効能効果で承認され、このトラネキサム酸を配合した化粧品が最初に発売さ…

ビタミンC誘導体

…とは、ビタミンCを化粧品に配合しやすいよう、かつ肌に浸透しやすいようビタミンCを改良したもので、メラニン還元を促すことで美白効果を発揮する美白薬剤です。ビタミンCは大変安全ですが安定性に乏しいため化粧品への配合や肌への浸透が難しい成分です。…

リン酸アスコルビルMg

水溶性のビタミンC誘導体の一種である美白有効成分。APMとも呼ばれる。…

メラニン還元

…すなど前の段階に戻す●メラノサイトから角化細胞に受け渡されたメラニンを角化の過程で薄くするというメラニン還元作用を持って美白効果を発揮します。…

ビタミンC

…キンケア製品から取り入れる必要があります。特にその抗酸化作用によってメラニン生成の酸化プロセスを抑制することができるので美白化粧品の代表的な成分となっていますが、安全性は高いものの水や熱に弱いといった不安定要素が多い成分です。そこで単独で化…

特殊用途化粧品

日本で医薬部外品の美白は「メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ」とメラニンに言及した訴求ができます。これが一般化粧品になるとどんなカテゴリーであってもメラニンに言及した表現は一切できません。このように医薬部外品は一般化粧品よりも積極的…
用語のカテゴリー

全般

全般(145) 皮膚のしくみ(127)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(37) 法律・基準(134)
組織・団体(39) 資格(6)
海外(33) 新語(8)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(39) 剤型(16)
評価・試験(59)

マーケティング

商品開発(56) 調査(39)
表示(92) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

スキンケア(124) ベースメイク(83)
ポイントメイク(56) UVケア(38)
ボディケア(10) ヘアケア(65)
フレグランス(49) ネイル(26)
雑貨(21) 健康食品(22)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(89) 店舗・売り場(95)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

手入れ法・施術

フェイシャル(2) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(5)
美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

材料・外装

容器(101) パッケージ(49)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.